乳製品を使わないラザニア




乳製品不使用!
砂糖不使用!
化学調味料不使用!
小麦粉控えめ





乳製品を使わなくてもできる!
乳製品アレルギー対応レシピ

もちろん、乳製品が大丈夫な方も
パルメザンチーズを最後に加えれば、
コクが増してより美味しく仕上がります。



材料* (4~6人分)
ラザニアシート: 8枚

<トマトソース材料>
牛豚挽肉: 270~300g
玉ねぎ(大): 1個
トマトピューレ: 400ml
白ワイン: 50ml
EVオリーブオイル:大さじ1
胡椒4種:少々
岩塩 または ピンクソルト:適量

<ホワイトソース材料>
米粉: 山盛り大さじ4
ココナッツオイル: 大さじ2
豆乳: 150ml
甘酒: 150ml
胡椒4種:適量
岩塩 または ピンクソルト:適量

乳製品のアレルギーが無い方
パルメザンチーズ:お好みで

作り方

1)まず、トマトソースから作ります。
  玉葱は皮をむいて、みじん切りにします。

2)フライパンにオリーブオイルを入れ、
  みじん切りにした玉葱を中火で炒めます。
  玉葱の色が透明になってきたら、挽肉を加え、
  挽肉の色が変わるまで炒めます。
  挽肉の色が変われば、トマトピューレ、白ワインを加え入れ、
  塩、胡椒を少々ふり、軽く混ぜ、全体に火が通れば火を止めます。

3)次に、ホワイトソース(ベシャメルソース)を作ります。
  ※注意)できれば、テフロンなど焦げ付きにくいフライパンを使用して下さい。
   火は、本当に弱い”弱火”です。ずっと弱火で調理します。ゴムベラか木べらを用意して下さい。
  フライパンに、ココナッツオイル大さじ2と米粉を山盛り大さじ2入れ、
  弱火にかけ、素早く円を描くように混ぜます。
  ペースト状になったら、素早く、豆乳と甘酒を交互に入れながら、
  混ぜていきます。だまにならないよう素早く混ぜ続けましょう。
  また、米粉を徐々に足し、豆乳と甘酒も徐々に足します。
  足している間は、常に、ヘラで混ぜ続けます。
  とろみがついたソース状になれば、塩・胡椒を少々ふり、火を止めます。
  ※注意)放っておくと固まってしまうので次の作業も急ぎましょう。

4)次は、型に詰めていきます。
  まず、ラザニアシートを底にひきます。
  その上に、トマトソースをのせます。
  トマトソースの上に、ホワイトソースを薄くのせます。
  ホワイトソースの上に、ラザニアシートをのせます。
  これを繰り返します。
  最後は、ホワイトソースで終わるようにします。
  ※乳製品が大丈夫な方は、最後に、ホワイトソースの表面に
  パルメザンチーズをふります。

5)180℃のオーブンで20分焼けば、出来上がり♪

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ベシャメルソースは、スピードが肝心です!
とにかく弱火でずっと円を描くように混ぜ続けましょう。
フライパンが熱くなりすぎたと思ったら、
一旦火から遠ざけると良いでしょう。
自信が無い方は、最初に材料を図ってそろえておくと作りやすいです。

私は、いつも、ラザニアのホワイトソースは手作りにしています。
小麦粉や牛乳、バターを使わず作るホワイトソースは、
とても軽いので消化しやすいです。 






その他の乳製品不使用レシピ
・ レモンクリーム和風パスタ

・ きのこと生ハムのとろろポテトグラタン

0 件のコメント:

コメントを投稿

ad link